漫画描きになるために
漫画描きになるために必要なものは何か、それをお教えします。

管理人について
用意するもの
話作りのもと
漫画を描こう
何で描く?
リンクについて











漫画を描こう

漫画

さて、前項でネームを描き終わったら、今度は原稿用紙に下書きをします。
この下書きは絵をかなり細かく描いたほうがよいです。ペン入れの際にちゃんとわかるように。
背景もちゃんと描きましょう。このへんの技法についてはたくさんの技法書があるので、それを読んだほうがよいです。
買っておいて損はないでしょう。

下書きが終われば、ペン入れです。
ここが重要な工程です。キレイに仕上げるために、時間をかけてやりましょう。
慣れればすぐに終わりますが、慣れないうちは、ちゃんとやったほうがよいです。

このペン入れ作業が終わったら、修正液などではみ出した場所などをしっかり修正しましょう。
それが終わったら、トーンを貼ったり、ベタ入れ(黒い部分を塗る)をします。
こちらもかなり慎重な作業です。
トーンはナイフ、カッターなどでやります。手先に気をつけましょう。
ベタ入れは、はみ出してしまうとまた修正液を塗る羽目に合います。これも慎重にやりましょう。

これが全部終わったら、セリフを入れたり、最終確認をしたり。
本当に仕上げチェックです。
終わった後に、原稿を眺めましょう。自分の満足行くものができましたか?
できなかったら、また次がんばりましょう。あなたはたくさんの工程を経て、とてもすごいことをしたのですから。まずは自分を褒めましょう。
反省会も忘れないように。
漫画描きになるために