漫画描きになるために
漫画描きになるために必要なものは何か、それをお教えします。

管理人について
用意するもの
話作りのもと
漫画を描こう
何で描く?
リンクについて
リンク集










用意するもの

漫画
・鉛筆もしくはシャーペン、消しゴム
これは絵を描くのに必要です。
ストーリーのメモを描く、キャラクターをデザインする、原稿用紙に下書きする…その他たくさんの工程でつかうことになるでしょう。
シャーペンは自分の手に馴染んだものを使ったほうがいいですね。
それから鉛筆。シャーペンと鉛筆どちらを使うかは個人の趣味です。鉛筆のほうが書き味がよいと思うなら鉛筆を使ったり。
消しゴムも色々種類があります。ちょっと崩れやすいものや固めのもの。
これらは100均で買えたり、画材屋さんでちょっといいものを買えたりします。

・ペン
ペンには色々な種類があります。
つけペンという、ペン軸に色々なペン先を挿して使うペンや、ふつうのマジック、マジックに似たイラスト用のペン・ミリペンなど・・・
ペンの種類は様々です。
つけペンは、ミリペンなどと違って強弱を作れるのが特徴です。
ただ、デジタル化が進む昨今、使う人が少なくなってきているせいか売っている場所も減ってきました。
ペン軸が500円くらいで、ペン先はひとつ100円前後です。
なので、少し大きな画材店、もしくは東急HANDSなどの量販店でしか買えなくなっています。
ミリペンは比較的集めやすく、普通の文房具屋でもPIGMAという種類のペンが売っています。大体一本150円くらい。

・原稿用紙
この原稿用紙にペン入れをして、初めて漫画単行本のようなキレイなものになります。
原稿用紙は画材屋にしかほとんど売っていません。
描きたい漫画のサイズに合わせて原稿用紙のサイズも選ぶといいでしょう。
大体一袋50枚入って300〜500円くらいです。

・トーン
一枚100円前後ですが、市販の単行本のようなきれいな効果を使うことができます。
難点は、使い慣れるまで結構かかることです。

あとは定規やトレース台など、色々ありますが、家にあったりするものもあるので、割愛させていただきます。
そして、今回ご紹介したものは、アナログ手法です。デジタル手法だとまた違ったものが必要だったり、初期投資がかなりかかったりします。
漫画描きになるために